スポンサーリンク

目黒区家事育児支援ヘルパー派遣事業(産後ケアサービス)を利用してみた(体験談・画像付き)

家事テクニック

出産後、目黒区の産後ケア・産後ヘルパーサービス「家事育児支援ヘルパー派遣事業」を利用してみたので、体験談(当日の作業の様子やその感想)をお伝えします。出産前後の方で同サービスがどんなものなのかを知りたい人、同サービスのクチコミを探している人、利用しようか迷っている人はぜひご覧ください!

結論からお伝えすると、私は活用させてもらってとても満足しています。絶対活用した方がいいと思います!

スポンサーリンク

家事育児支援ヘルパー派遣事業とは

どこの自治体でも同様のサービスが存在するとは思いますが、今回は私が住んでいる目黒区のサービス内容をご説明します。

「家事育児支援ヘルパー派遣事業」とは

目黒区在住で、産前の家事援助や産後の育児・家事援助等の支援を必要としている方に、家事育児支援ヘルパーを派遣します。

https://www.city.meguro.tokyo.jp/smph/kurashi/kosodate/hoikushisetsu/sanzensangosien.html

母子手帳を受け取った際に妊娠時・出産前後の各種手続きやサービスについて説明がありますが、その一つです。私は単胎出産だったので、目黒区のシルバー人材センターの方がヘルパーとして来てくれました。双子以上を妊娠・出産した場合は、ケアメイト大岡山という専門業者から派遣されるようです。

<利用期間>
子どもひとり出産・・・出産予定日1か月前から生後6か月以内(合計45時間以内)。
双子以上出産・・・出産予定日1か月前から生後1年未満(合計120時間以内)。
<利用料金>
1時間500円(開始から6時間は無料)生活保護受給世帯、住民税非課税世帯は無料
<サービス内容>
・育児
利用者の沐浴の補助、片づけ(ヘルパー単独での沐浴不可)ミルクの準備、授乳おむつ交換
・家事
食事づくり(食材の準備、調理器具の洗浄・片づけ)衣類の洗濯、衣類を干す、衣類の取り込み、衣類をたたむ緊急を要する日用品または食材などの購入(購入代金および交通費別途負担)利用者の買い物補助(交通費別途負担)居室の簡単な清掃(寝室、リビング)
・付き添い
母または赤ちゃんの健診時の付き添い(交通費別途負担)
・きょうだいの世話
赤ちゃんの育児中における居宅内での世話及び見守り兄および姉の送迎(子ども2人まで可能)送迎は、保育園、幼稚園、こども園に限ります。

乳児の世話や家事援助を行う産前・産後支援ヘルパー派遣事業は、2021年4月1日 から家事育児支援ヘルパー派遣事業に名称が変わり、サービスも充実しました。具体的には、料理の味付けまでやってもらえるようになりました。(以前は下拵えまでだったそうです)また、掃除する部屋数が一部屋限定から二部屋(寝室とリビング)になりました。

スポンサーリンク

利用手順

電子申請
電子申請する際に、利用開始希望日を記載する欄があるのですが、1ヶ月以降後で登録するよう指定がある(1月5日に申請する場合、利用開始希望日を2月5日〜3月5日の間で指定)ので、余裕をもって申請することをお勧めします。

登録完了
申請後、数日後に目黒区から登録完了のレターが届きました。

派遣元からの電話
ヘルパー派遣元である目黒区シルバー人材センターから電話がありました。通常であれば、この電話で初回の日程を調整するのですが、私は早い目(サービス利用開始希望日の約1ヶ月以上前)に登録したため、希望日時が決まり次第こちらから電話するということになりました。サービス利用希望日の10日前くらいにお電話もらえれば調整できますよ、とのことでした。

サービス利用開始日の日程調整
後日、改めて電話し、希望の曜日と時間帯をお伝えしました。

それ以降は同様の曜日と時間で利用するというのが基本のようです。


私は、土曜日の9時半〜11時半の2時間で希望を出しました。上の子は平日は保育園に行ってますが、土日はお休みなので、土曜午前中にパパとお出掛けしてもらい、その間にヘルパーさんに来てもらいたかったからです。
利用時間は1時間単位(1.5時間の場合の利用料金は、2時間に繰上げになるそうです)です。

数時間後に電話があり、希望の曜日・時間帯で来てくれるヘルパーさんが見つかりました。

土曜日なので、少し調整が難しかったようですが。。ラッキーでした!


スポンサーリンク

お願いしたこと

①朝食の片付け
当日の朝食後の食器洗いやシンクの片付けをお願いしました。
②野菜を茹でる
具体的には、ほうれん草、ブロッコリー、モロヘイヤ、トウモロコシ、枝豆等です。地味に手間のかかる作業ですよね。。あと一品!の副菜として、普段の食事作りの時短に繋がりました。
③食事作り
その日の昼ご飯もしくは夜ご飯の下準備をお願いしました。
④掃除
寝室とリビングをクイックルワイパーかけてもらいました。

スポンサーリンク

当日の様子

開始15分前にコーディネーターさんと一緒にヘルパーさんがやって来ました。

まずは洗面所で手洗いし(手拭きタオルは持参していました)リビングへ移動。
軽く自己紹介とアイスブレイクで世間話をしたあと、コーディネーターさんからサービスの概要の説明、作業の実績報告方法、料金の支払い方法等の説明を受けました。
また注意事項としては①トイレを貸してもらう可能性があること、②作業の途中で必要に応じて水分補給をさせてもらうことをお願いしたいということでした。
説明後、コーディネーターさんは帰り、実際の作業開始!です。

①朝食の片付け
ここでラッキーだったのは、キッチンの設備(水栓、コンロ等)がヘルパーさんの家の設備と全く同じだったことです・・・!
我が家は自動水栓だし、IHコンロも初めて使う人には説明が必要なのですが、説明なしで済んだのはラッキーでした。

IHコンロのタイマー機能も使ってました(笑)


慣れた手付きでサーっと予洗いして食洗機へ。


②野菜を茹でる
仕上がりの硬さや切り方、茹でた後の保存容器について聞かれましたが、それ以外はささっと手際良くやってくれました。

この日はほうれん草、ブロッコリー、アスパラガスを茹でてもらいました。またカボチャサラダ(茹で卵入り)も作ってもらいました。

カボチャサラダ美味しすぎて、上の子どもはおかわりしていました!


③食事作り
初日は様子見で食事作りはしてもらいませんでしたが、2回目以降はお願いすることにしました。オムライスが食べたかったのでチキンライスの下準備をしてもらいました。鶏肉、玉ねぎ、ピーマン、人参を切る→炒める。

この後、ご飯を混ぜ合わせ、卵を焼いてオムライスにしました!

また時間が余ったので、野菜スープも作ってもらいました。

野菜スープは翌日の朝食としていただきました😋


別日は、カレーを作ってもらいました。肉・じゃがいも・にんじん・玉ねぎを切る→炒める→煮込んだ後、子ども用の分を取り分けて具材を細かく切ってもらいました。

④掃除
2階のLDK(20畳超)と1階の寝室(8畳)をクイックルワイパーウェットで拭きあげてくれました。また、1階と2階の階段もついでにささっと拭いてくれていました。や、優しすぎる・・・!

最後はキッチンを片付けてきれいに拭きあげてくださり、その後とても気持ちよく使うことができました。

スポンサーリンク

支払い方法

月末締めで、翌月初旬にハガキ(請求書)が届きました。

支払い期日は、ハガキ(請求書)が届いた月末まででした。

つまり、1月分の支払いは、2月初旬に請求書が届き、2月末までの支払いです。

支払いは、ゆうちょ銀行か目黒信用金庫への振り込みでした。

スポンサーリンク

全体を通しての感想

同サービスを使ってみた感想としては、まずは「利用して本当によかった!」ということです。

正直、シルバー人材センターに対してそこまで期待していなかったし、「キッチンとか汚く使われたらどうしよう?😭」とか「鍋焦がされたら嫌だな」、「味付けが好みと異なるの嫌だな、」等と思っていました。

そのような懸念は全て払拭されて、いまや食事も味付けまでお任せしたい!と思うほどです。

また、たった2時間作業をしてもらうだけですが、面倒な食事の下拵えをしてもらえたり、その日は掃除をしなくてもいいと言う安心感もあり、気持ちに余裕が持てるようになりました。


ちなみにシルバー人材センターに登録できるひとは60歳以上らしいです。

我が家に派遣されたヘルパーさんは60歳前半くらいだと思います。

今どきの60歳はシルバーって感じじゃないですよね・・・!

母親と話しているみたいに育児に相談に乗ってもらえたり(話すだけで気分転換にもなります)、

同じ目黒区在住なので、地元トークもでき、私は毎回来てもらうのが楽しみです。


上の子とも遊んでくれたり、とても気さくな方でラッキーだったと思います。

生後6ヶ月(合計45時間)までサービスを利用できるので、

最大限利用しても19,500円で同サービスが受けれます。

安い!安すぎる!

そもそも働きたくない性分の私たちにとっては最高に嬉しいサービスです!

機会があれば皆さんもぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございます!🥰

スポンサーリンク

目黒区家事育児支援ヘルパー派遣事業(産後ケアサービス)を利用してみた(体験談・画像付き)

家事テクニック

出産後、目黒区の産後ケア・産後ヘルパーサービス「家事育児支援ヘルパー派遣事業」を利用してみたので、体験談(当日の作業の様子やその感想)をお伝えします。出産前後の方で同サービスがどんなものなのかを知りたい人、同サービスのクチコミを探している人、利用しようか迷っている人はぜひご覧ください!

結論からお伝えすると、私は活用させてもらってとても満足しています。絶対活用した方がいいと思います!

スポンサーリンク

家事育児支援ヘルパー派遣事業とは

どこの自治体でも同様のサービスが存在するとは思いますが、今回は私が住んでいる目黒区のサービス内容をご説明します。

「家事育児支援ヘルパー派遣事業」とは

目黒区在住で、産前の家事援助や産後の育児・家事援助等の支援を必要としている方に、家事育児支援ヘルパーを派遣します。

https://www.city.meguro.tokyo.jp/smph/kurashi/kosodate/hoikushisetsu/sanzensangosien.html

母子手帳を受け取った際に妊娠時・出産前後の各種手続きやサービスについて説明がありますが、その一つです。私は単胎出産だったので、目黒区のシルバー人材センターの方がヘルパーとして来てくれました。双子以上を妊娠・出産した場合は、ケアメイト大岡山という専門業者から派遣されるようです。

<利用期間>
子どもひとり出産・・・出産予定日1か月前から生後6か月以内(合計45時間以内)。
双子以上出産・・・出産予定日1か月前から生後1年未満(合計120時間以内)。
<利用料金>
1時間500円(開始から6時間は無料)生活保護受給世帯、住民税非課税世帯は無料
<サービス内容>
・育児
利用者の沐浴の補助、片づけ(ヘルパー単独での沐浴不可)ミルクの準備、授乳おむつ交換
・家事
食事づくり(食材の準備、調理器具の洗浄・片づけ)衣類の洗濯、衣類を干す、衣類の取り込み、衣類をたたむ緊急を要する日用品または食材などの購入(購入代金および交通費別途負担)利用者の買い物補助(交通費別途負担)居室の簡単な清掃(寝室、リビング)
・付き添い
母または赤ちゃんの健診時の付き添い(交通費別途負担)
・きょうだいの世話
赤ちゃんの育児中における居宅内での世話及び見守り兄および姉の送迎(子ども2人まで可能)送迎は、保育園、幼稚園、こども園に限ります。

乳児の世話や家事援助を行う産前・産後支援ヘルパー派遣事業は、2021年4月1日 から家事育児支援ヘルパー派遣事業に名称が変わり、サービスも充実しました。具体的には、料理の味付けまでやってもらえるようになりました。(以前は下拵えまでだったそうです)また、掃除する部屋数が一部屋限定から二部屋(寝室とリビング)になりました。

スポンサーリンク

利用手順

電子申請
電子申請する際に、利用開始希望日を記載する欄があるのですが、1ヶ月以降後で登録するよう指定がある(1月5日に申請する場合、利用開始希望日を2月5日〜3月5日の間で指定)ので、余裕をもって申請することをお勧めします。

登録完了
申請後、数日後に目黒区から登録完了のレターが届きました。

派遣元からの電話
ヘルパー派遣元である目黒区シルバー人材センターから電話がありました。通常であれば、この電話で初回の日程を調整するのですが、私は早い目(サービス利用開始希望日の約1ヶ月以上前)に登録したため、希望日時が決まり次第こちらから電話するということになりました。サービス利用希望日の10日前くらいにお電話もらえれば調整できますよ、とのことでした。

サービス利用開始日の日程調整
後日、改めて電話し、希望の曜日と時間帯をお伝えしました。

それ以降は同様の曜日と時間で利用するというのが基本のようです。


私は、土曜日の9時半〜11時半の2時間で希望を出しました。上の子は平日は保育園に行ってますが、土日はお休みなので、土曜午前中にパパとお出掛けしてもらい、その間にヘルパーさんに来てもらいたかったからです。
利用時間は1時間単位(1.5時間の場合の利用料金は、2時間に繰上げになるそうです)です。

数時間後に電話があり、希望の曜日・時間帯で来てくれるヘルパーさんが見つかりました。

土曜日なので、少し調整が難しかったようですが。。ラッキーでした!


スポンサーリンク

お願いしたこと

①朝食の片付け
当日の朝食後の食器洗いやシンクの片付けをお願いしました。
②野菜を茹でる
具体的には、ほうれん草、ブロッコリー、モロヘイヤ、トウモロコシ、枝豆等です。地味に手間のかかる作業ですよね。。あと一品!の副菜として、普段の食事作りの時短に繋がりました。
③食事作り
その日の昼ご飯もしくは夜ご飯の下準備をお願いしました。
④掃除
寝室とリビングをクイックルワイパーかけてもらいました。

スポンサーリンク

当日の様子

開始15分前にコーディネーターさんと一緒にヘルパーさんがやって来ました。

まずは洗面所で手洗いし(手拭きタオルは持参していました)リビングへ移動。
軽く自己紹介とアイスブレイクで世間話をしたあと、コーディネーターさんからサービスの概要の説明、作業の実績報告方法、料金の支払い方法等の説明を受けました。
また注意事項としては①トイレを貸してもらう可能性があること、②作業の途中で必要に応じて水分補給をさせてもらうことをお願いしたいということでした。
説明後、コーディネーターさんは帰り、実際の作業開始!です。

①朝食の片付け
ここでラッキーだったのは、キッチンの設備(水栓、コンロ等)がヘルパーさんの家の設備と全く同じだったことです・・・!
我が家は自動水栓だし、IHコンロも初めて使う人には説明が必要なのですが、説明なしで済んだのはラッキーでした。

IHコンロのタイマー機能も使ってました(笑)


慣れた手付きでサーっと予洗いして食洗機へ。


②野菜を茹でる
仕上がりの硬さや切り方、茹でた後の保存容器について聞かれましたが、それ以外はささっと手際良くやってくれました。

この日はほうれん草、ブロッコリー、アスパラガスを茹でてもらいました。またカボチャサラダ(茹で卵入り)も作ってもらいました。

カボチャサラダ美味しすぎて、上の子どもはおかわりしていました!


③食事作り
初日は様子見で食事作りはしてもらいませんでしたが、2回目以降はお願いすることにしました。オムライスが食べたかったのでチキンライスの下準備をしてもらいました。鶏肉、玉ねぎ、ピーマン、人参を切る→炒める。

この後、ご飯を混ぜ合わせ、卵を焼いてオムライスにしました!

また時間が余ったので、野菜スープも作ってもらいました。

野菜スープは翌日の朝食としていただきました😋


別日は、カレーを作ってもらいました。肉・じゃがいも・にんじん・玉ねぎを切る→炒める→煮込んだ後、子ども用の分を取り分けて具材を細かく切ってもらいました。

④掃除
2階のLDK(20畳超)と1階の寝室(8畳)をクイックルワイパーウェットで拭きあげてくれました。また、1階と2階の階段もついでにささっと拭いてくれていました。や、優しすぎる・・・!

最後はキッチンを片付けてきれいに拭きあげてくださり、その後とても気持ちよく使うことができました。

スポンサーリンク

支払い方法

月末締めで、翌月初旬にハガキ(請求書)が届きました。

支払い期日は、ハガキ(請求書)が届いた月末まででした。

つまり、1月分の支払いは、2月初旬に請求書が届き、2月末までの支払いです。

支払いは、ゆうちょ銀行か目黒信用金庫への振り込みでした。

スポンサーリンク

全体を通しての感想

同サービスを使ってみた感想としては、まずは「利用して本当によかった!」ということです。

正直、シルバー人材センターに対してそこまで期待していなかったし、「キッチンとか汚く使われたらどうしよう?😭」とか「鍋焦がされたら嫌だな」、「味付けが好みと異なるの嫌だな、」等と思っていました。

そのような懸念は全て払拭されて、いまや食事も味付けまでお任せしたい!と思うほどです。

また、たった2時間作業をしてもらうだけですが、面倒な食事の下拵えをしてもらえたり、その日は掃除をしなくてもいいと言う安心感もあり、気持ちに余裕が持てるようになりました。


ちなみにシルバー人材センターに登録できるひとは60歳以上らしいです。

我が家に派遣されたヘルパーさんは60歳前半くらいだと思います。

今どきの60歳はシルバーって感じじゃないですよね・・・!

母親と話しているみたいに育児に相談に乗ってもらえたり(話すだけで気分転換にもなります)、

同じ目黒区在住なので、地元トークもでき、私は毎回来てもらうのが楽しみです。


上の子とも遊んでくれたり、とても気さくな方でラッキーだったと思います。

生後6ヶ月(合計45時間)までサービスを利用できるので、

最大限利用しても19,500円で同サービスが受けれます。

安い!安すぎる!

そもそも働きたくない性分の私たちにとっては最高に嬉しいサービスです!

機会があれば皆さんもぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みくださりありがとうございます!🥰

コメント

タイトルとURLをコピーしました